Oct 8, 2019

日常の夕飯 ~ゴーヤーと大根の塩昆布和えなど~

週末に帰省したときに、母がやっている畑を見に行ったのだが、
なんとも得体のしれないものがなっていた。
聞けば、ユウガオだという。
( かんぴょうの原料になる野菜ね )

PA060083
PA060084

母が言うには、ユウガオを育てようしたのではなく、
なんと、かぼちゃの苗を買って植えたら、
かぼちゃは実らずに、
いつのまにやらユウガオがゴロンゴロンといくつかできたとか。

どうも、接ぎ木の台木として利用したユウガオが
かぼちゃを凌いで育ってしまったらしい。

それにしても、こんな大きな瓜がいくつか転がっていたのだから
いやはや驚いた。
ユウガオって初めてみたけれど、とっても大きいのね。
持てばずっしり。
しばらく持って歩いたら、腰にズン。
腰を痛めてしまいそうなくらいだった。

それにしても、世の中には本当にさまざまな野菜があるものだ。
そして、植物はなんとたくましいことよ。

DSC_0211

昨晩の夕飯は、

ゴーヤーと大根の塩昆布和え
モツ煮込み(豚の胃袋と小腸いり)
羊肉の団子と夏野菜のトマト煮込み
五穀ご飯

ゴーヤーが実家の畑でとれたので、もらってきた。
さっそく和えものに。
わが家でよく使う、塩昆布で和えた。

塩昆布は乾物なので、使うときは、
野菜の汁気としっかりとなじませて、昆布を柔らかくすることがポイント。
そうすることで、昆布の旨味や調味料の味が全体にまわり、
格段においしくなる。
そうしないと、塩昆布はかたいしね。

ゴーヤーや大根以外にも、
きゅうりや人参、白瓜、キャベツなど、
塩昆布はさまざまな野菜と相性抜群。
野菜以外にも、お米やパスタ、豆腐などともバッチリ合う。

塩昆布を使うときは、
水分を足して、塩昆布を柔らかく、
そして旨味を全体にまわらせるようにするといいですよ。
よかったら、いろいろとお試しくださいね。

Comment





Comment