Aug 23, 2019

わが家のそうめん(ひやむぎ)

母が作るそうめんは、
つゆが温かいのが常だった。

そうめんを茹でたら、冷水できゅっとしめ、
温かいたれで食べるスタイル。
夏休みには何度か食卓に上ったそうめんだけど、
そうめんのつゆはきまって
めんつゆを沸騰させ、玉ねぎを柔らかくなるまで煮たあと、
溶き卵をいれる。
器に盛ったら、小口切りにした万能ねぎをのせたものだった。

熱々のたれに、冷たいそうめんをつけて食べる。
ある程度大きくなるまで、これが一般的な食べ方だと思っていた。

しかし、ひとり暮らしを始めて、そうでないことがわかると、
自分で茹でて刻んだオクラや納豆をいれたり、ごまダレにしたり、
とろろを添えたりと、
一般的?な冷たいつゆをいろいろと楽しむようになったのだけど、
数年前からは、母が作る温かいつゆでそうめんを食べるスタイルに戻り、
今年はもっぱらこればかり。

DSC_0215

ワタシの定番は、玉ねぎと卵に加え、
なすとみょうが、きのこ、油揚げ、みつば入り。
食べるときは、七味唐辛子をパラリとふって。
いままで、豚肉や人参などをいれたりしていたのだけれど、
いまはこれに落ち着いた。
いずれにしても、いつも具沢山。

昔は、そうめんをつゆにつけるたびに、
つゆが次第に冷めていくのが気になったものだけど、
つゆを熱々で仕上げれば気にならなくなった。
むしろ、食べるとホッとするようになった。

少しずつ変化することもあるけれど、
こうして、家庭の味は受け継がれていくのですね。
守っていきたい母の味です。

Comment





Comment