Nov 8, 2018

日常の夕飯 ~ゆり根とじゃがいものニョッキなど~

本当にまぁ、これを最初に食べようと思ったかたは素晴らしい!
と思う食材が日本には、いや世界中にも数多くある。

ウニにフグ、なまこなどなど、挙げたらキリがない。
ワタシたちはその恩恵にあずかり、
毎日の食事が豊かになっているわけだが、
昨夜はあらためて、そんなことを実感した食材がわが家の食卓を飾った。

DSC_0197

ゆり根である。
おがくずにしっかりと守られながら、ひょっこりと顔をだした白い物体。
これが、食用に品種改良されたユリの根っこだ。

ワタシが初めてゆり根を食べたのは、20代。
上京してから、20年弱、
気が赴くままに、和食、中国料理、フレンチにイタリアン、エスニック料理と
ジャンルを問わず、とにかく食べ歩いていたのだが
(食べ歩くために働いていたといっても過言ではないくらいに)、
そんな頃、和食屋さんで出合ったのが、ゆり根である。

茶碗蒸しにそっと塗りのスプーンを入れ、
ゴロンとスプーンにのったものを口に入れる。
噛みしめる。
ほっくり。
ん?なにかの芋?長芋?いや、違うな。
なにこれ?!

懐かしいようでいて、上品。
でも味わったことのないその味わいに魅せられた。
初めてゆり根に出合った和食店の影響もあるかもしれないが、
それ以降、ゆり根はワタシのなかで高級感のある特別な存在になった。

だから、そうそう自宅では頻繁に食卓に上る食材ではないけれど、
毎年味わいたい、そう思う味覚になった。

昨晩は、ニョッキと一緒にゴルゴンゾーラソースで仕上げてみた。
これが、すごく合うの!

DSC_0196

昨晩の夕飯は、

ゆり根とじゃがいものニョッキ ゴルゴンゾーラソース
エビと卵のカッテージチーズ和え
サルサ・ヴェルデ
鶏肉のロール焼き(昨日の残りもの)
カリフラワーとかぶのオーブン焼き
パルミジャーノと卵のスープ

スープは、コンソメスープに
卵とパルミジャーノを混ぜ合わせたものを入れ、
パセリをふったもの。
いわゆる、洋風かきたま汁。
これ、簡単だけど、とってもおいしいんですよ。おすすめ!

Comment





Comment