Jun 10, 2016

いましか味わえない旬の味、生ベビーコーン

ベビーコーンというと、“ 水煮 ”
のイメージが強いのではないだろうか。
かくいうワタシもそのひとりだった。

あるとき、生のベビーコーンに出合って以来、
その美味しさに魅了され、
生が出回る時期を待ちわびるようになった。
6~7月、そう、いまがその時期である。

DSC_0527

ベビーコーンは、その名の通り、とうもろこしの赤ちゃん。
とうもろこしは、一般的に1本に対して1果だけを残し、
そのほかの若芽は取り除いてしまうのだが、
その取り除いたもの、いわゆる間引きしたものが
ベビーコーンなのだ。

皮を少しだけ残してそのまま焼いたり、茹でたりし、
好みの味で食べるのだが、
ほくほくとしたみずみずしい味が印象的だ。

ベビーコーンを天ぷらにして食べてもおいしいのだが、
その際は、ぜひひげ根も一緒に揚げてみていただきたい。
ひげ根のほんのりとした甘さに、はっとすることだろう。

この時期にしか手に入らない、生のベビーコーン。
見かけたら、ぜひ手にとってみて!

Comment





Comment